2021-06

バッティング

自分に合ったバットの持ち方を探そう~短く持つことによる効果~

「長く持つことによる効果」と対になる記事ですので、そちらの方と合わせて読んでいただくと話が繋がり分かりやすくなると思います。「体が小さいから短く持て」「パワーがないから短く持て」「9番なんだから短く持て」と印象だけで指示する、またはされた方は多いのではないでしょうか。一種の「野球あるある」です。
バッティング

自分に合ったバットの持ち方を探そう~長く持つことによる効果~

野球ではバットの持ち方に工夫を凝らします。今回は長く持つ意味と効果について解説します。選手個人個人に必ずあったバットの持ち方があります。長く持つ、短く持つに対して正解不正解はありません。バットの持ち方によって結果も変わってきます。
戦略・戦術

配球を学ぶ!~試合で活かせる基本的な投球~

配球には無数のパターンがあります。今回はその中でも基本的で、よく使うパターンを解説していきます。配球は試合で覚えていくことが一番ですが、基本的なセオリーをまずは日頃から勉強しておく必要があります。実戦で活かしてこそ意味のある配球を是非参考にしてみてください。
戦略・戦術

得点力を上げるためには?得点圏の攻撃パターン。~走者二塁編~

得点圏=二塁及び三塁に走者がいる状況。今回は走者が二塁のみの場合の攻め方について書いていこうと思います。攻撃の基本は走者を得点圏に進めることです。特に好投手を相手にした場合はチャンスを作ることは難しく得点圏に進めたものの得点に結びつけられないということは往々にしてあります。
バッティング

頭を使って打率を上げよう!カウントによるバッティングの対応

バッティングには有利なカウント、不利なカウントがあります。バッターとは追い込まれてしまうと(2ストライク)打率がグンと下がります。プロ野球選手でも2ストライクからの打率は高くて2割です。当然相手ピッチャーはバッターにとって不利なカウントを作る組み立てをするわけです。
ピッチング

投手の課題!初球の入り方はどうすればいいの?

初球の入り方がわからないバッテリーをよく聞きます。また、意図が感じられない入り方をしているバッテリーもみかけます。初球はとても大事なカウントでその後の結果に大きく影響してきます。今回は配球から考える初球の入り方に対しての考え方を解説します。
バッティング

バッター必見!選球眼とは?ボールの見極め方を知ろう

野球では選球眼という言葉があります。読んで字の如く「ボールを選ぶことのできる眼」です。ボールの見極めに長けている選手を「選球眼が良い」と表現します。今回は「選球眼について」と「見極め方」について説明していこうと思います。
ピッチング

バッテリー必見の野球講座!配球の基本を学ぼう~ボールカウント編~

配球の基本を学ぶためにまずはボールカウントの組み立てを理解しましょう。野球は頭をフルに使わなければならないスポーツです。配球も同じで日々勉強して実践に活かすことが求められます。リードと配球の違いを理解したうえでまずは配球についてしっかりとインプットしましょう。
ピッチング

ピッチングの組み立て方~まずはリードと配球の違いについて知ろう!~

リードと配球は似て非なるものです。この違いが分かっていなければピッチングを組み立てていくことはできません。特に「打たれた」「抑えた」の要因を配球から見ていることが多いと思います。配球はあくまでも一つの要素で、試合ではリードしていくことが大切です。
戦略・戦術

野球において強豪チームに勝つには流れを読もう~あみだくじと同じです~

試合において「流れ」という言葉を聞いたこと使ったことはありませんか?目に見えるもの(物体)ではないので具体的ではなく表現が曖昧になってしまいますが、実際に試合では「流れ」が存在し勝敗を大きく左右します。「流れ」が勝負を決めるといっても過言ではありません。
タイトルとURLをコピーしました