配球を学ぶ!~試合で活かせる基本的な投球~

戦略・戦術

以前から様々なピッチングの組み立て方、配球について解説してきました。

配球というものは実戦での一つの要素であり、特にデータのない相手と戦うときは有効活用していきたい戦略となります。

配球は試合で覚えていくことが一番ですが、基本的なセオリーをまずは日頃から勉強しておく必要があります。

試合で活かすための配球の基本的なパターンをいくつか解説していきます。

※データが少ないアマチュア野球を前提に解説していきます。

例1)はじめて対戦するバッターに対しての配球

例)はじめはウイニングショットを見せず、ある程度のコースを狙ったストレートでカウントを稼ぎ、決め球はストライクからボールになる変化球で打ち取る。

初球は打率の高いカウントになりますが、相手打者も初対戦ということで「手を出さず様子を見よう」と考えます。

甘いコースに投げない限り手を出してこないと考え、コントロール重視でストライクを稼ぎましょう。

投手は基本的にストレートを一番練習しており、コントロールも変化球と比べると自信があるはずです。

ストレートで見逃しやファールを打たせ、まだ見せていない自信のある変化球をウイニングショットとして選択できれば、打者は手を出してくるはずです。

仮に決めきれず次のカウントになっても、打者の反応で手を出してきそうであれば、もう一球続けてもいいし、打者の頭に変化球が残るのでストレートを選択すれば差し込まれる可能性が高くなります。

※試合の中で同じパターンで進めていくと、相手も初球はストレートと読んでくるので、変化球で入ったり、コースを変更することが大切です。バッテリーが陥りやすいことで、配球のパターンが同じになる傾向があります。クセが相手に気づかれる前に自チームが気付きましょう。客観視することが大切です。

※相手のデータがある場合は、苦手なコースや見逃しの高い球種、コースでカウントを稼ぎ投手有利に持っていきましょう。

例2)狙い球を絞らせないための揺さぶり方。初めに身に付けたい投げ分け。

はじめに身につけたい投げ分けは、横のコースに揺さぶることです。

はじめは、ストライクゾーンを縦に二分割しストレートをインコース、アウトコースに投げ分けできるようにしましょう。

なぜはじめにコースの投げ分けを覚えるべきかというと、ピッチャーが揺さぶりに関して最も投げやすく覚えることが簡単だからです。逆に言うとコースの投げ分けができないピッチャーはピッチングの組み立てがとても厳しくなります。

投手全員が練習していることの一つが内角と外角に投げ分けることです。そのため、調子が悪くてもある程度は投げ分けすることができます。

一方打者はインコース、アウトコースに投げ分けされた場合、しっかりと打てるバッターは数多くありません。(上のレベルに行くと打ち返してきます)

また、コースの揺さぶりで打者の狙い球や得意なコースが掴めたりするので着目しましょう。

インコース、アウトコースの投げ分け方ですが、一番の要素はリリース時の指の角度の違いが挙げられます。

指の角度が1度変わると24~30cmボールの軌道が変わるというデータがあります。ホームベースの横幅が約43cmなので指の角度ひとつである程度コースに投げ分けることができます。

普段の投球練習からチャレンジしてみましょう。

コントロールを良くする方法はこちらをご参照ください。

野球上達講座~ピッチングのコントロールを良くするためには? ~初級編~

例3)フルスイングしてくるバッターに対しての配球

初球ストレートをフルスイングしてファールや空振りになった場合、2球目以降の配球はタイミングを外すことを考えていくことが大切です。

①20キロ以上の緩急のある球を2球目に投げる。バッターの重心移動が10キロ程度の変化ではそれほど変化はないが、20キロ以上の変化になると重心移動の速度が明らかに遅くなったというデータがあります。つまり、20キロ以上の緩急差があればタイミングを崩すことができます。

②20キロ以上の球速差がある変化球がない場合、投球モーションを工夫してみましょう。長くボールを持ったり、クイックで投げるなど変化をつけ打者のタイミングを外しましょう。バッターはピッチャーの投球モーションのどこかでタイミングを取っているので有効になります。

プロ野球阪神タイガースの青柳投手によく見られる投げ方ですので参考にしてみてください。

この時の注意点ですが、投球モーションの変化により、自分の思っているボールが投げられずコントロールを乱したりしては本末転倒です。練習の時から意識して取り組み自分のものにしましょう。

まとめ

打者を抑えるためにある配球ですが、たくさんのパターンがあります。今回はほんの一部の解説でしたが、よく使われるパターンとなります。

今後も様々なパターンの配球を書いていきたいと思います。

是非参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました