配球の基本!バッターの構えから考える配球~得意不得意を把握する~

戦略・戦術

以前から配球についてはいくつか解説しておりますが、配球の覚え方の基本は一つ一つ分解して理解していくことです。配球はいくつもの要素が組み合わさって成り立っており「リード」となると更に複雑になってきます。

※この記事の一番下に配球についての過去記事をいくつか載せていますのでご覧になってみてください。

今回はバッターの構えから考える配球についていくつか例を挙げて解説していきます。

※あくまで構えに対してのバッターの特徴や傾向などから考える得意不得意を解説します。実際は個人それぞれのタイプがありますのでこの配球すべてが正解なわけではありません。特にアマチュア野球では相手のデータが少ないのでこの配球をひとつの要素として頭に入れてリードしていきましょう。

トップ時にグリップが肩より上にあり、やや寝かせて構えるバッター

初めの構えの位置ではなく、スイング軌道に入る前のトップの位置で判断しましょう。

事前に素振りを見ておく必要があります。

✔得意なコースや球種

高目のストライクゾーンを得意としているタイプが多いです。高目を狙っていることを踏まえ、半速球や力のない球、安易に取りにいった球は特に投げないようにしましょう。

✔苦手なコースや球種

一番有効なコースは外角低目です。理由はスイングの軌道が高くなり、グリップをより回してこなければならないためです。

特にフォークなど落ちる球や外に逃げるスライダー系の球種は有効になります。

どの打者でも基本は低めを捉えるのは難しく、リスクも低いため、どんどん攻めていきましょう。

また、ストレートに力がある投手は高目のボール球も有効になります。

理由は高目が得意な反面、ボール球でも手を出しやすくなるからです。高目を使えるとより低目が有効になってきます。

トップ時にグリップが肩より下にあり、バットを立て気味に構えるバッター

このタイプのバッターの特徴は、グリップが低い位置から身体に沿って水平にバットを出す傾向がある。そのためスイングするとヘッドの重さでバットの先が自然と下がる傾向があります。

✔得意な球種やコース

低めのストライクゾーン全般。ストレート、変化球両方基本的に対応できるスイングである。

✔苦手な球種やコース

高目全般が苦手である。理由はヘッドの重さでバットが下がる傾向があるので、高目を打つためにはバットを立てて打ちにいかなければならないので、イメージ通りのスイング軌道ができにくいためです。

低目のボールゾーンに落ちる球。理由は低目が得意な分、手を出してきやすいためです。ボールゾーンをヒットにできる確率はかなり低くなります。

狭いスタンスで構えるバッター

二通りの打者がいます。

1:狭いスタンスで構え、そのまま狭いスタンスでスイングする打者。

コンパクトにスイングできるため、ボールを十分に見極め、引きつけてスイングすることができます。

✔得意な球種やコース

インコース全般が得意である。早い速球にも対応できます。理由はコンパクトに体を回転させることができるため、スイングの軌道に合いやすくなります。

高目も比較的得意とする傾向があります。理由は目線の位置も高く感覚のズレが少ないためミートしやすくなります。

✔苦手な球種やコース

アウトコースに逃げていく変化球を苦手とする傾向があります。特にアウトコース低目の球は苦手とします。理由は目線が遠くなるので感覚のズレが大きくなるからです。また、インコースやアウトコースにストレートを投げ続け意識させることができれば、得意とするボールの見極めがしづらくなるので、ストレートの軌道から逃げていく様な変化球を投げれば空振りを取りやすくなります。

2:狭いスタンスで構えスイング時にスタンスが広くなる打者

アウトコースや低目の球に手が届くスイングになります。

✔得意な球種やコース

目線のブレが大きくなるためミートできる確率は低くなりますが、低目やアウトコースの球に手が届きます。半速球の緩い球は合わせやすいため、ストライクゾーンであれば高確率でミートできます。更にコンパクトにスイングできる打者はインコース低目のストレートにもアジャストしてきます。

✔苦手な球種やコース

高目とインコースの直球を苦手とする傾向があります。理由はスタンスが狭い→広くなるに移動するため高目に対してのスイング軌道が自然とできません。またスタンスが広くなれば体の自由も制限されていくので早い球に合わせるのが難しくなり詰まります。

まとめ

今回ご紹介したのは一部ですが、普段よく見る構えのバッターだと思います。

構えだけで判断するのは危険ではありますが、頭に入れておくことでその打者に対して得意不得意を判断する材料になります。

強打者になると苦手なコースや球種は苦手なだけであって分かっていれば確実に打ち返されます。

打者の得意な所に投げることも大事になってきます。

まずはしっかりと頭にインプットしていきましょう。

☆配球に関してのその他の記事↓↓

ピッチングの組み立て方~まずはリードと配球の違いについて知ろう!~

バッテリー必見の野球講座!配球の基本を学ぼう~ボールカウント編~

投手の課題!初球の入り方はどうすればいいの?

配球を学ぶ!~試合で活かせる基本的な投球~

コメント

タイトルとURLをコピーしました