バッター必見!選球眼とは?ボールの見極め方を知ろう

バッティング

野球では選球眼という言葉があります。読んで字の如く「ボールを選ぶことのできる眼」です。

ボールの見極めに長けている選手を「選球眼が良い」と表現します。

今回は「選球眼について」と「見極め方」について説明していこうと思います。

選球眼とは

プロ野球中継等で際どい球を見逃した結果「ボール」と判定された時に選球眼が良いと表現されることが多いですが、実際はそれだけが選球眼を指すわけではありません。

バッターにはそれぞれ得意なコース、得意な球種があります。ということはその得意なところに来た球を打った方がヒットになる確率は高いですよね。

「ヒットにできる可能性が高い球を選ぶ」これも一つの選球眼です。

何でもかんでも手を出してしまうバッターはよっぽどの打撃技術を持っていない限り打率が下がります。

つまりボールの見極めとは「ストライク、ボール」の判断だけではなく「打てるか、打てないか」の判断も含まれています。当然ですが打てない球に手をだすと打率は下がっていく一方です。

高打率を残せるバッターは対応できるコースの広さ球種の多さもありますが、その中で打てる球だけを打つということに長けています。ピッチャーとはあらゆる方法でカウントを稼ぎ打ち取ろうとします。ファールを誘う球、見せ球、釣り球、空振りを誘う球、これらを見極めることも選球眼で高打率へと繋がります。

ボールの見極めと目切りの違い

「ボールの見極め」と「目切り」は違います。

試合の中で微妙なコースにきた球を平然と見送る選手や、リリースの瞬間に「ボール」だと自己判断し打ちにいくことを止めてしまう選手を見たことがありませんか?これは球から目を切る(視線を外す、意識を外す)目切りであり見極めではありません。

バッターは常に打ちにいくことを心掛けましょう。打ちにいった中でそのままスイングもしくは見逃しの判断をしてください。

これができていないと打てる球も平然と見逃してしまう悪い癖がついてしまいます。

見極めとは「スイングをする」か「スイングを止める」かのどちらかということを覚えておきましょう。

変化球の見極め

中学以上になるとピッチャーに変化球が追加されます。高校以上ともなると変化球を武器にするピッチャーも多くなり、見極めができなければストレートとのコンビネーションで簡単に抑えられてしまいます。

このレベルで重要なのが変化球の見極めです。特にカウントを取りに来るような変化球ではなく、空振りを狙った変化球の見極めができれば相手ピッチャーを苦しめ、自分(バッター)が優位に立つことができます。

では私が実際に実践していた変化球の見極め方を説明していきます。

変化球の定義を理解する

ピッチャーの球種は大雑把に分けると2種類しかありません。「真っ直ぐ」と「変化球」です。

なぜ変化球と呼ばれるか?軌道が変化するからです。真っ直ぐ以外は全て変化球という定義を理解し「曲がる」か「落ちる」のどちらかしかないということを頭に入れておきましょう。

変化球は必ず変化する

「曲がる」か「落ちる」しかないと先述した通り、変化球は(真っ直ぐ以外の球)は必ず変化するということを必ず覚えておいてください。

先ほどから同じこと、当たり前のことを繰り返しているように感じると思われますが、ボール球になる変化球に手を出してしまう選手は打席の中でこの当たり前を忘れてしまっていることが多いです。好投手のコンビネーションに対応する必須事項です。

低めの変化球の見極め方

空振りを誘う球というのは、ほとんどがストライクからボールになる球であり、コースも低めが多いです。よくワンバウンドするような変化球を空振りするバッターを見かけると思います。

この球を見極める方法があります。それは自分の中で高低の基準を作ることです。

変化球というのはストレートよりも球速が落ちます。スプリット、ツーシームなどの速い速度での変化を有する球を除外し、スライダー、カーブ、フォーク等はスイングを始める頃にはストレートではないことが分かります。

私の場合膝の高さに基準を置いていました。変化球は必ず変化するという定義のもと、ストレートではないと分かった時点で膝付近の高さの球は全て「ボール」になります。

「ストライクからボールになる球」言葉から読み取れるようにスイングを始めた時はストライクでもキャッチャーに到達する頃にはボールへと変化します。この球を見極められるかどうかでバッターは非常に有利に立ち回ることができます。とにかく自分の中で基準を作りましょう。

カウントを稼ぐ変化球の見極め方

空振りを狙う変化球とは反対にボールからストライクになる変化球があります。主にカーブ、スライダーが多く、この2つの球種はほとんどのピッチャーが投げることができます。

ボールからストライクと聞けば、そんなに変化幅の大きい球を打てるのか?と思うかもしれませんが、カウントを稼ぐ為に投じられた変化球は見逃せば実際は甘いコースに決まっていることが多いです。

特に右ピッチャーが右バッターに投じるスライダーはバッターの肩口から変化するものが多く、見極めができないバッターは腰が引けて見逃したり、身体が開いてしまい打ったとしてもファールになることが多いです。結果カウントを稼がれることになります。

これを防ぐのも基準作りが肝心です。変化幅を把握した上で自分の左肩を基準に肩より左ならボール、肩ラインならストライク、肩より右ならアウトコースに決まる、もしくはボール。というように基準さえできていれば身体が逃げ腰にならずにしっかり打ちにいくことができます。

前持った判断基準を持ち、頭で自身の動きを制御することで過敏な身体の反応による(のけ反る、泳がされる)スイングは少なくなります。

まとめ

一般的に言われる選球眼はコースの見極めですが、これについては審判の癖を見つける以外にはありません。

自分がボールだと思い見逃しても審判がストライクと言えばストライクです。

高校野球の甲子園大会を観ていたら誰もが思うでしょうが、ストライクゾーンが以上に広いですよね?

特にアウトコースやキャッチャーが構えた場所にドンピシャに決まった時はほとんどがストライク判定になります。このような傾向を試合で見つけなければなりません。

自分の判断ではなく審判のストライクゾーンを把握することが大切です。

審判の癖然り、変化球の見極めも然り、一人だけの判断では難しいです。

攻撃は最低でも9人で行います。全員で情報を共有することが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました