打順の組み方~打順に求める仕事~

戦略・戦術

打順を考えるのって楽しいですよね。チーム方針にもよりますが、打って打って打ちまくるのか、小技を絡めて得点につなげるのか。選手個人の能力を把握した上で適材適所に当てはめることで得点力がグンと上がることもあります。

ひと昔前までは、足が速いから1番、小技が上手いから2番といった凝り固まった打順が多様されていましたが、セイバーメトリクスが大々的に普及してからは2番に強打者を置くスタイルが多く見られてきましたね。

野球もデータの時代になってきているということがよく分かります。

そういった部分を含めて、今回は私ならこうするといった打順の決め方を、組み方を紹介していこうと思います。

まずは私が打順に求めるものを述懐していきます。

1番打者

私の場合は足の速さは求めず長打を求めます。つまりクリーンナップを任せられるような打者ですね。

THE4番のような打者ではなく他チームでは3番、5番あたりの選手を1番に置くのが好みです。

●理由

1番は当然、1試合の打席数が多くなります。そして初回(一打席目)以外は1番ではなくなります(巡り合わせにもよりますが)。先制パンチの長打、チャンスメイクの長打、得点圏の長打。あらゆる場面で長打が期待できる選手がベストです。

とはいうものの長打を期待しても、実際は思い通りの結果ばかりが出るわけではありません。そういった意味で確率の高い選手(チーム内でトップクラスの打力)を1番に置きたいですね。

2番打者

近年のメジャーリーグでは3番最強説から2番最強説へと移り変わりつつありますね。日本でもそれを取り入れるチームが出始めていますが、実際に機能しているかというと怪しいところですよね。

そもそも2番最強説の始まりは、1番が出塁した時にヒッティングでチャンスを広げた方が効率的(得点力アップ)だということからです。大雑把に言えば、常套手段とされていたバントでの進塁よりノーリスクで(アウトを献上せずに)バント成功時よりも大きなチャンスを作ろうということです。

つまり2番打者にはヒット以上のものが求められるため、チームで最強のバッターを置くという理論ですが、、、、良いバッターでも3割なんですよね。ということは、無死一塁から一死一塁以上の展開を作れる可能性は3割しかないということです。残りの7割は進塁させられない、もしくは併殺打でランナーが残らないということになります。そう考えた時に読者の方は、どういった選手を2番に置きますか?

私はチームで1番足の速い打者を2番に置きます。簡単に言ってしまえばバッティングの保険がきくバッターですね。上記内容は2番最強説を批判したものではありません。私もバントするだけというのは好みではありません。バント以上のチャンスメイクを期待しますが、最低限の仕事もカバーできるという意味でチーム最速の脚力を持った選手を推します。

3番打者

好打者、強打者の定位置ですね。3番にチーム1の打者を置くチームも少なくはないです。理由として理想論になってしまいますが打力、走力を備えた1番、2番でチャンスメイクし3番で得点というシンプルな作戦が立てやすくなるからです。しかしあくまで理想論。こうなればいいなの成功率がその他の組み合わせよりも高いのは確かですが、そんなトントン拍子に攻撃は進みません。

私の考えですが、3番というのは万能でなければならないと思っています。打つだけでなく状況判断にも優れた選手に任せたいですね。

4番打者

日本における最強打者の象徴とも言うべき打順ですね。元ロッテのサブロー選手や、元日本ハムの稲葉選手のようにチーム事情から「つなぎの4番」という役割を与えられることもありますが、やっぱりチームにおける主砲を4番に置きたいですね。もちろん長打を期待できる選手に任せるべき打順ですが、4番には打率も求めなければなりません。「主砲」とは飛距離を表す言葉ではありません。

そういった意味で本当の主砲が存在するチームは少ないため、先述した「つなぎの4番」という役割が発生します。飛距離だけの主砲を4番に置くチームは得点プランが立てにくく、試合が進むにつれ4番がネックになってきます。なので打率>長打>存在感の順で評価するべきだと私は思います。

打順を決める際、真っ先に4番が決まるチーム(主砲、つなぎの4番に関係なく)の打線は得点プランが決まっている為かなり手強いと思います。

5番打者

クリーンナップ最後の砦。3番、4番で還せなかったランナーを還す。二発目の大砲といったところでしょうか。4番打者で述懐しましたが「つなぎ」を役割とした4番であれば5番の責任は重大です。

私の好みでは、とにかくパワフルもしくは、とにかく繊細(緻密)な打者を5番に置きたいですね。

両極端になってしまいますが、6番、7番に求めるものによって5番に求めるものも変わってくるということです。

6番打者

なんとなく自由な打順です。人によっては「何も考えず好きなように振ってこい!」と言えてしまう場所です。つまり打線のクッション的な位置ですね。良い結果と悪い結果どっちに転んでも期待通り。といった印象。

しかし、それは選手のモチベーションや調子を考えて配置した時のみで本来は4番、5番との絡め方を重視しないといけません。クリーンナップの後の最初のバッターなのでチャンスで回ってくることが多いです。ということは必然的に打率を残せる選手を置かなければならなくなります。チームで1,2を争う選手を6番に置くのも非常に効果的だと私は思います。

7番打者

裏の4番ですね。私なら、言い方は悪いですが主砲になりきれない選手を7番に置きます。7番もチャンスの打席が多いです。将来の4番候補に7番で経験を積ませるといった育成方法もありますね。

8番打者

なんでも屋さん。なんでも無難にこなせてしまう。下位打線で1番見劣りしてしまう打順ですが、逆転の発想で8番が求められた仕事を当然のようにこなしてしまう打線は脅威でしかありません。

9番打者

準強打者、準巧打者といった感じでしょうか。9番を最も警戒すると言う人がいるぐらい不気味な存在である必要があります。9番の次は1番から始まります。上位打線の前打者ということで出塁の期待ができる選手かどうかで打線の厚みが大きく変わります。

まとめ

ずらずらと書いてまいりました。打順の組み立てに悩んでいる方は参考にしていただければ嬉しいです。しかし上記内容に当てはまる選手が全て揃っているかというと、まず揃っていないでしょう。

ではどうするか?私なら当てはまるように育成します。打順とは打線です。古くから伝わるセオリーのような打順が間違いとは思いませんが、選手個人の能力を把握した上でチーム事情に沿った打順を組むことがベストだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました