バント ~様々な種類と効果、重要な意識~ 固定観念を振り払おう

バッティング
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

ひと昔前までは2番=バントというイメージが強かったですが、日本のプロ野球でも近年はメジャー流の攻撃を取り入れバントをしないチームが増えています。

スモールベースボールの象徴とも言えるバント。実際にどういった種類があり、どのような効果があるのかを説明していきます。

送りバント

バントと言えば誰もが連想するのが送りバント。打球を殺しランナーを進塁させるための作戦です。

●送りバントの効果

ランナーを二塁もしくは三塁に進めることで単打での得点確率を上げる。というのが一般的ですが、それだけではありません。

一死一塁で送りバントを敢行し二死二塁の状況を作ったとしましょう。バッテリーは単打も許せなくなります。

一死二塁から二死三塁となった状況においては、パスボール、ワイルドピッチ、内野安打、エラー等のヒット以外でも得点できてしまいます。

場面にもよりますが、このように得点に繋がらなくとも守備側にプレッシャーを掛けることもできます。次打者が俊足ならなおさらです。

さらにアウトを一つ献上してでも得点圏に進塁させるという行為はチームに得点する意思を伝える手段にもなりますし、バッターのモチベーションを上げる効果もあります。

例えば、自分の前のバッターが一死一塁から送りバントをしたらあなたはどう思いますか?

私なら「絶対に打ってやる。任せとけ!」という気持ちになります。

このように送りバントとは単に進塁させるだけが目的ではありません。

●バントは一発

・一発で決まるバントは攻撃にリズムを与えます。

もちろん何球使っても送ることができれば結果は同じですが、より高いレベルでの試合になると「バントを一発で決める」ということが重要になってきます。

●よくある勘違い、きっちり転がすワンポイントアドバイス

打球の勢いを殺すという意識から、インパクトの瞬間にバットを引く動作が多く見受けられます。

しかしこれは失敗の基です。

インパクトの瞬間にバットを動かすということは、ミートポイントがずれるということを理解しましょう。

・打球の勢いをコントロールする方法

右バッターなら右手、左バッターなら左手が重要になります。

打球の勢いを殺したい送りバントは右手を添えるだけです(右バッターの場合)。決して強く握ってはいけません。

優しく添えていればインパクト時に衝撃が右手に吸収されます。

逆にしっかりと握るほど強い打球が転がります。

完璧なバントでバットを引いているように見えるのはインパクトで衝撃を吸収しているからということです。

そして捉えるポイントは「芯」です。

「しっかり芯に当てて衝撃を右手で吸収」この意識だけで成功率は上がります。

是非お試しください。

セーフティーバント

不意をついたバントで、主に俊足を活かすための手段として定着しています。

●セーフティーバントの使いどころ

・先述した通り、「不意をつく」という意味ではホームランの後にはよく使われます。

ホームランで守備側が浮足立っている隙にセーフティーバントを決めると、その回の攻撃はやりたい放題です。守備の際はしっかり頭に入れておきましょう。

・送りバントの延長

足の速いバッターの場合、ただ送るだけではもったいないので初球はセーフティーバントというのも多いですね。その場面のほとんどが一死一塁、一死二塁、一死一二塁です。(経験からくる偏見です)

・投手への揺さぶり

コントロールが定まらないピッチャーに対しては「構え」だけでも非常に厄介なものになります。

リリース前に守備のことを考えたり、バッターの「動き」で集中できなくなったりします。

守備が苦手なピッチャーにも効果的ですね。

プッシュバント

普通のバントとは違い、インパクト時にバットを少し押し出し打球に勢いをつけるバント。

・使用例

バントシフトを敷いた守備の間に強く転がす。

例えば投球と同時に一塁手が飛び出してきた際、二塁手は同時に一塁のベースカバーに入ります。

このシフトによってガラ空きになったセカンドへプッシュバントすることで内野安打になります。

なので、逆の立場(守備)では、シフトに沿って動くのではなく必ず打球を確認するようにしましょう。ベースカバーはその後でも十分に間に合います。

しかし、実際にプッシュバントはあまり目にすることはありません。

理由は高度な技術を必要とされるからです。

打球の勢いを殺すバントとは違い、打球に勢いをつける分インパクトでバットを動かします。

なのでミートポイントがずれればフライになるリスクがありますし、空振りの可能性も高くなります。

そういったことから使用する選手は少ないです。

まとめ

バントとは進塁させることだけが目的ではありません。

「バント=進塁」という意識を取り除けば采配の幅が広がります。

このような思考、采配が今の野球界ではあまり見られないことが少し残念に思えます。

※スクイズに関して

別記事でスクイズのみを取り上げる予定ですので、更新した際は是非ご覧になってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました