バッティング

バッティングバッティング
バッティング

バッティング上達!インパクトで最大の力を発揮しよう〜力むとは?〜

野球をしていてよく耳にする「力むな!!」という言葉。力むとは何か?力みとはどこから来るのか?力を発揮するためには?これらをしっかりと理解することで自分のパフォーマンスを更に向上させることができます。野球人全員の課題である「力む」について解説していきます。
バッティング

【バッティング上達】バッティングセンターで意識する練習方法

野球をしていれば一度で上達するどころか、極端に言うと下手になってしまいます。バッティングセンターで打つことが悪いと言っているわけではありません。今回はバッティングセンターを有効な練習の場として使用できる方法を説明していきます。
バッティング

自分に合ったバットの持ち方を探そう~短く持つことによる効果~

「長く持つことによる効果」と対になる記事ですので、そちらの方と合わせて読んでいただくと話が繋がり分かりやすくなると思います。「体が小さいから短く持て」「パワーがないから短く持て」「9番なんだから短く持て」と印象だけで指示する、またはされた方は多いのではないでしょうか。一種の「野球あるある」です。
バッティング

自分に合ったバットの持ち方を探そう~長く持つことによる効果~

野球ではバットの持ち方に工夫を凝らします。今回は長く持つ意味と効果について解説します。選手個人個人に必ずあったバットの持ち方があります。長く持つ、短く持つに対して正解不正解はありません。バットの持ち方によって結果も変わってきます。
バッティング

頭を使って打率を上げよう!カウントによるバッティングの対応

バッティングには有利なカウント、不利なカウントがあります。バッターとは追い込まれてしまうと(2ストライク)打率がグンと下がります。プロ野球選手でも2ストライクからの打率は高くて2割です。当然相手ピッチャーはバッターにとって不利なカウントを作る組み立てをするわけです。
バッティング

バッター必見!選球眼とは?ボールの見極め方を知ろう

野球では選球眼という言葉があります。読んで字の如く「ボールを選ぶことのできる眼」です。ボールの見極めに長けている選手を「選球眼が良い」と表現します。今回は「選球眼について」と「見極め方」について説明していこうと思います。
バッティング

バッティング論~全ての打者に共通するトップの位置の重要性~

※「トップの位置で止まれ!」「トップを決めろ!」「トップを崩すな!」トップの位置を指導するにあたってこの3つの言葉をよく耳にします。なぜこのような言葉を使うのか?トップの位置とはどの位置を指すのか?では今回は「トップの位置」について説明していきます。
バッティング

バント ~様々な種類と効果、重要な意識~ 固定観念を振り払おう

ひと昔前までは2番=バントというイメージが強かったですが、日本のプロ野球でも近年はメジャー流の攻撃を取り入れバントをしないチームが増えています。スモールベースボールの象徴とも言えるバント。実際にどういった種類があり、どのような効果があるのかを説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました