上達の心得

上達の心得

野球は判断の連続〜即断即決〜

野球では判断の早さでプレイの良し悪しやアウトセーフが大きく変わります。一瞬の迷いや出し遅れで試合を決定づけることも少なくはないです。グランド内でのプレイは常にコンマ何秒の争いが繰り広げられており、良くも悪くもその短い時間を生み出す要因は一瞬の判断力です。
上達の心得

相手の嫌がることをする選手と自分を有利に持っていくようにする選手

「相手の嫌がることをする選手」「自分を有利に持っていくようにする選手」。この2つの考え方。あなたはどちらに近い考え方でしょうか?野球は考え方を変えるだけで成長度や、結果が大きく変わってきます。自分はどちらに当てはまるのか一度考えてみてください。
上達の心得

試合で自分の力を発揮するためには普段からプレッシャーを与える

練習でできていることが試合になるとできないという選手は少なくないと思います。どうすれば自分の力を発揮できるのか。なぜできないのか。しっかりと分析し、改善することが大事です。どの選手も克服することはできると思います。普段から訓練していきましょう。
上達の心得

必ず身に付けたい力~取捨選択~

選手及び指導者に必ず持っていてほしい力。取捨選択の力。「何が良くて何が悪いか」を分かっていなければ上達することはありませんし、上達させてあげることもできません。情報社会である昨今は携帯電話さえ持っていれば様々な技術を「見る」ことができます。
上達の心得

上達の心得~練習には繋がりを持たせよう~

練習の本質は2パターンです。1つは「持っている技術を更に伸ばす」、もう1つは「出来ないことを出来るようにする」です。高校、大学、社会人、プロのような高レベルな域に達すると自分の能力、スタイルが確立され練習のほとんどが前者のパターンに当てられます。
上達の心得

野球上達!考える力の育成~コミュニケーションの中で正解に導こう~

野球に限らず子供の成長に大切なコミュニケーション。親や指導者が正解や答えを言うのではなく、子供から答えを出してくるように導くことが大切です。つまり「自ら考える力」を身につけることが子供にとって必要な力となります。ではどうすればよいのでしょうか?
上達の心得

少年野球~上を目指すチーム、選手の育成~

少年野球に求める要素は人によって異なります。野球を楽しむ、礼儀礼節、協調性を身に付ける、プロ野球選手になるため等。多様な目的がある中で、今回は「勝つ」及び「選手の育成」に重点を置いた少年野球での育成方法を私の視点から説明します。
上達の心得

試合中の時間を有効に使えば上達へと繋がる~情報共有=チームワーク~

野球にはその他の球技とは違って攻守交替の際に長時間プレイが中断される時間があります。その時間をどう使っていますか?ただ円陣を組んでいるだけになっていないですか?他にもプレイが止まる時間はたくさんあります。今回は試合中の時間をどのように使えば良いかを解説していきます。
上達の心得

上達の心得~失敗は成功の基~

失敗は上達するための必要な養分です。誰でも絶対に失敗はします。バッティングやピッチング、守備、走塁、采配など野球にはたくさんのプレーがあり、上手くいくことの方が少ないかもしれません。そこから学ぶことが非常多く、大切です。
上達の心得

練習の心得~継続は力なり~

「継続は力なり!」。継続することはとても大変なことであり、なかなかできることではありません。皆さん継続することが大切なことは知っているはずです。少年野球の時から身に付けておくことで、上達速度が変わってきます。なぜ難しいのか?どうしたらよいのか?を深堀します。
タイトルとURLをコピーしました