戦略・戦術

戦略・戦術

配球の基本!バッターの構えから考える配球~得意不得意を把握する~

配球の基本。今回はバッターの構えから考える配球について解説します。プロ野球クラスでも必ず打者によって得意不得意な球種やコースがあります。しかし強打者になると苦手な球でもわかっていれば打ち返してきます。まずは打者の特徴を見極めるためにも構えをしっかりと把握しましょう。
戦略・戦術

重要!!野球の采配について~リスクとリターンを理解しよう~

数あるスポーツの中でも采配の機会が多く、采配によって結果が左右されるのは野球ではないでしょうか。野球の采配にはノーサインも含めて全てリスクとリターンが付きまとってきます。このリスクとリターンを的確に計算していくことが勝つために重要なことです。
戦略・戦術

配球を学ぶ!~試合で活かせる基本的な投球~

配球には無数のパターンがあります。今回はその中でも基本的で、よく使うパターンを解説していきます。配球は試合で覚えていくことが一番ですが、基本的なセオリーをまずは日頃から勉強しておく必要があります。実戦で活かしてこそ意味のある配球を是非参考にしてみてください。
戦略・戦術

得点力を上げるためには?得点圏の攻撃パターン。~走者二塁編~

得点圏=二塁及び三塁に走者がいる状況。今回は走者が二塁のみの場合の攻め方について書いていこうと思います。攻撃の基本は走者を得点圏に進めることです。特に好投手を相手にした場合はチャンスを作ることは難しく得点圏に進めたものの得点に結びつけられないということは往々にしてあります。
戦略・戦術

野球において強豪チームに勝つには流れを読もう~あみだくじと同じです~

試合において「流れ」という言葉を聞いたこと使ったことはありませんか?目に見えるもの(物体)ではないので具体的ではなく表現が曖昧になってしまいますが、実際に試合では「流れ」が存在し勝敗を大きく左右します。「流れ」が勝負を決めるといっても過言ではありません。
戦略・戦術

仮想強豪チーム~どうやって勝つ?~

「野球とは筋書きのないドラマ」という言葉があります。大番狂わせ、想像もしていなかった展開が実際に起こります。なぜそういった結末に至ってしまうのか。奇跡?油断?それだけではありません。結果には必ず理由があります。決して強いとは言えないチームが格上チームと対峙した時、どのようにして勝利を収めるのか。
戦略・戦術

完・打順の組み方~プロ球団で打順を組んでみよう~

打順の組み方3弾目。これまでの記事だけでは理解し難い部分もあったかと思いますので、今回はプロ野球球団を引き合いに説明してみようと思います。巨人1・梶谷2・若林3・坂本4・岡本5・丸6・大城7・若林8・松原9・菅野この打順をどう思いますか?これは開幕戦のオーダーです。
戦略・戦術

続・打順の組み方~打線を繋ぐ組み合わせ~

別記事で打順に求める仕事を紹介しましたが、私の中ではあくまでも打順を組み立てる際の考えであり、実際の試合で打順に応じた仕事を求めるわけではありません。「どういう意味だ?」と矛盾を感じる方もいらっしゃると思います。今回は打順→打線という視点で説明していこうと思います。
戦略・戦術

打順の組み方~打順に求める仕事~

打順を考えるのって楽しいですよね。チーム方針にもよりますが、打って打って打ちまくるのか、小技を絡めて得点につなげるのか。選手個人の能力を把握した上で適材適所に当てはめることで得点力がグンと上がることもあります。ひと昔前までは、足が速いから1番、小技が上手いから2番といった凝り固まった打順が多様されてい
戦略・戦術

スクイズ~何がなんでも!もぎ取った得点は試合を決める~

野球の作戦において、スクイズほど「何がなんでも」という意思が見える作戦はないのではないでしょうか。失敗すれば試合を潰しかねないリスクを背負う代わりに、成功すればチームに勢いを与え決勝点になることも多いです。というのは、スクイズという作戦は僅差の展開でしか使用されないからです。
タイトルとURLをコピーしました