頭を使って打率を上げよう!カウントによるバッティングの対応

バッティング

バッティングには有利なカウント、不利なカウントがあります。バッターとは追い込まれてしまうと(2ストライク)打率がグンと下がります。プロ野球選手でも2ストライクからの打率は高くて2割です。当然相手ピッチャーはバッターにとって不利なカウントを作る組み立てをするわけです。だからと言って、追い込まれる前にどんどん手を出していくことが正解でもなく、追い込まれた時点で負けということでもありません。

今回はカウント別の考え方を説明していこうと思います。相手ピッチャーの実力によって考え方は多少変わりますが大筋から外れることはありませんので最後までお付き合いください。

別記事の選球眼と配球の基本を参照にしながら読んでいただけると分かりやすいと思います。

バッター必見!選球眼とは?ボールの見極め方を知ろう

バッテリー必見の野球講座!配球の基本を学ぼう~ボールカウント編~

有利カウントの確認

打者にも投手にも有利カウントが存在します。

打者有利カウントは5パターン。「1ボール0ストライク」「2ボール0ストライク」「3ボール0ストライク」「2ボール1ストライク」「3ボール1ストライク」です。

ボールが先行しているカウントですね。

逆にストライクが先行したカウントは打者にとって不利となります。

まずは初球を狙え

チーム方針、試合展開、相手投手の出来によっては初球を振らないという選択がありますが、高打率を残す要素の1つは初球を狙うことです。

基本的にピッチャーは初球でストライクを稼ぎ投手有利カウントを整えたいという思考が働きます。初球で打ち取るという配球もありますが、これはよっぽどの洞察力、偵察によるデータがないと難しいです。なので初球で打ち取る配球は無視してもいいでしょう。

別記事、初球の入り方でも紹介していますが、初球からウイニングショットを使うことはまずありません。つまり決め球ではないということです。

好投手ほどカウントが進むにつれ徐々にコースが厳しくなっていきます。初球より2球目、更にツーストライクになるとウイニングショットが待ち受けています。そう考えると単純ではありますが初球が1番甘いコースにくる確率が高いということであり、実際のプロ野球データでも初球の打率は3割を超えます。初球は積極的に狙っていきましょう。

初球とファーストストライクの違い

「初球を狙え」と先述しましたが、ここで言う初球はファーストストライクです。ピッチャーが投げた最初の球(一球目)ではなく、最初のストライクの球ということです。

三振を嫌がるバッターに多いのが何でもかんでも初球に手を出してしまうことです。これは三振を避けることが目的になっておりヒットを打つことに意識が向いていません。

ヒットを打つためにファーストストライクを狙いましょう。

初球ヒッティングの注意点

別記事 選球眼でも述懐していますが打てる球と打てない球の認識を持っていないといけません。

バッター必見!選球眼とは?ボールの見極め方を知ろう

ファーストストライクは比較的甘く入ってくることが多いです。これを加味して初球を狙おうと言っているわけですが、苦手なコースにわざわざ手を出す必要はありません。「ストライクだから手を出す」という反応の良さは追い込まれてからに取っておきましょう。

初球を当てにいってしまった結果凡打になるというのは相手チームにリズムを生み、味方の士気を下げることになります。

●先頭打者の初球狙い

結果が伴わなければ一球でワンナウトとなってしまいます。このリスクゆえ先頭打者が初球を狙うということは少ないです。しかし先頭打者の初球ほど甘い球もありません。状況を把握した上で狙い球が合致すれば思い切って振ってみましょう。

●初打席の初球狙い

初打席=初見です。特に一番打者は打席に入るまでにピッチング練習しか見ることができません。打席に入るまでに工夫を凝らしていなければ初球で捉えることは難しいです。

漠然とピッチング練習を見るのではなく体でタイミングを測りましょう。相手のモーションにシンクロさせてタイミングを取ってみるのも良いと思います。打席が終われば後続の打者に情報をしっかり伝えましょう。ボールのキレ、モーションの特徴、テンポ等を細かく伝えると初打席であってもタイミングを合わせやすくなります。

打者有利カウント

先述した打者有利カウントの5パターンですが、なぜ打者が有利になるのか?それは次球ストライクがくる可能性が高いからです。違うアプローチの掛け方をするとストライクがくる可能性が高いと分かっているからです。

投手は共通して四球を嫌います。打者有利ということは投手不利ということ。そしてボールが先行しているということ。その中で「1ボール→2ボール」「2ボールから3ボール」にはしたくないのです。1ボールよりも2ボール、2ボールよりも3ボールといったようにカウントが増えるほどピッチャーはストライクが欲しくなり厳しいコースを狙えなくなります。この法則と言っても過言ではないピッチャーの習性を分かっているのと分かっていないのとでは結果が大きく変わります。

打者有利でありながら中途半端なスイングをテレビでもよく見かけます。頭の中でカウントを整理して打席に立ちましょう。空振りでも平行カウント、または打者有利カウントが続きます。思い切って振りましょう。

平行カウント

●「1ボール1ストライク」または「2ボール1ストライク」

この場合はウイニングショットがくる確率が非常に低いです。追い込む形としては「ファールを打たされる」つまり緩急をつけたピッチング、もしくは見逃しによるストライクを狙ってきやすいです。

つまり空振りを狙う球ではないということ=ストライクゾーンでの勝負となります。

ですが1ストライク目(初球(ファーストストライク))でボール球を振った場合、特に変化球の場合は同じ球種を続けることが多いです。どのような形で1ストライクを与えてしまったのかを覚えておきましょう。

●「2ボール2ストライク」

ほぼウイニングショットと考えていいでしょう。見極めらても3ボール2ストライクですのでピッチャーは思い切って投げることのできるカウントです。自分の打席までにどんなウイニングショットを持っているか必ず確認しておきましょう。

●「3ボール2ストライク」

四球が頭にちらつきながら、際どいコースにも手を出していかないといけない難しいカウントです。特に打者不利カウントからコツコツと3ボールまで持ってきた場合はどうしても四球を意識してしまいますが、このフルカウントこそ思い切って振るという意識を強く持ちましょう。消極的になると普段手をだすようなコースにも手が出なくなります。

カット

試合中の掛け声で、追い込まれた際に「くさい球はカットしていけ」という言葉を耳にします。確かに際どい球にも手を出さないといけないのですが、カットという意識を持ってはいけません。

そもそもカットとは高等技術です。意のままにカットできるならヒットを狙った方が確実に出塁率は上がります。

カットを勘違いして「当てにいく」選手が非常に多いです。

トスバッティングで空振りしたことはありませんか?なぜ空振りすると思いますか?答は当てにいってしまうからです。当てにいったスイングは必ずスイングスピードが遅くなります。日常で当てにいくスイングなんて練習しませんよね?つまりスイングをコントロールできないということです。このようなスイングで三振を狙いにきたピッチャーの球に対応しろと言うのは間違いです。

「くさい球に手を出す」というのは間違ってはいませんが必ず強いスイングを心掛けましょう。コースが厳しければ自然とファールになります。

まとめ

カウントに応じた考え方を持つのは非常に大事なことです。漠然と打席に立ち、気付いたら追い込まれてた、、、そんな打席を経験したことありませんか?このような打席を極力減らしていきましょう。

フルイニング出場した場合、最低でも2~3回は打席が回ってきます。一打席目に結果が出なくても以降の打席で結果を出す「準備」に繋がるような打席を常に心掛けましょう。

各打席の自分に対する配球は絶対に覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました