ギャンブルスタート~名前以上のクオリティーを目指そう~

戦略・戦術
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

「ギャンブルスタート」をご存知でしょうか。

考案者は野村克也氏と言われています。その発端は1992年ヤクルト対西武の日本シリーズ。

サードランナーの広沢選手(ヤクルト)が内野ゴロの間に本塁へ突入しましたが、打球判断(スタート)が悪く本塁でアウトになってしまったことから。

これをきっかけとし、なにがなんでも1点が欲しいときの作戦として発案されたそうです。

今回はこのギャンブルスタートについて説明していこうと思います。

ギャンブルスタートとは

その名前の通り、一か八かのスタートをきることです。主にインパクト(バットとボールが当たる瞬間)と同時にランナーがスタートをきることを指します。

ゴロゴーとの違い

ギャンブルスタートとゴロゴーの違いは打球確認の有無です。

ゴロゴーとは、打球(ゴロ)を確認してからスタートする作戦です。

確認作業があるのでギャンブルスタートよりは当然スタートが遅れますが、フライやライナーでのゲッツーを回避できる可能性は高くなります。

しかし先述した通りスタートが遅れる分、進塁には時間が掛かります。

盗塁時のギャンブルスタート

野村監督は得点(本塁突入)を目的としてギャンブルスタートを考案し、野球界に定着していますが本塁突入以外にもギャンブルスタートは活用できます。

どんな場面で活用できるか?

それは盗塁です。

左ピッチャーを思い浮かべてください。左ピッチャーの牽制球というのは、ほとんどがフェイクモーションからです。プレートを外して牽制するということは滅多にありません。

そしてプレートを外さずに偽投した場合はボークとなります。

この習性とルールを利用しギャンブルスタートをきると、牽制球がきても高確率で盗塁が成功します。

このタイミングでスタートすることをセーフティースタートと言います。

もちろん、ピッチャーの情報(球持ち時間、牽制球の割合、牽制時のモーション等の癖)を事前に頭に入れておかなければいけませんが、タイミングを掴めば大きな武器となります。

是非試してみてください。

ハイクオリティーを目指そう

先述した通りギャンブルスタートはインパクトと同時にスタートすることをメインとします。

しかし、「ギャンブル」という名前がついているだけあって「賭け」に等しい作戦です。

フライ、ライナーはもちろん空振りに反応できない選手も必ず出てきます。

そうなってしまうとランナーが生き残る可能性は非常に低く、チャンスを一瞬で潰してしまうと同時に「流れ」を完全に奪われてしまうことになります。

このリスクを少しでも減らすための工夫をしましょう。

ランナー視点の確認事項

①投球前にキャッチャーが構えている位置を必ず確認。

②リリース後のボールを確認。

この①②の確認ができていれば、球種、コースがある程度把握できます。

高低は横からでも容易に分かりますので、①②を踏まえればバッターが打てる球かどうかの判断ができるようになります。

バッター、ランナーの事前確認によるリスク低減

狙い球を絞っていれば、バッターが空振り及びミスショットする可能性が低くなります。

(例)ウエスト以外のストレートで実行と事前に決めていれば、より高確率で成功することができます。

ランエンドヒットに近いですね。※別記事ランエンドヒット参照。

このようにランナーのスタートに全てを委ねるのではなく、あくまでバッターとの共同作業という意識を持つことが大切です。

まとめ

上記の通り、ギャンブルスタートという名前ではありますが、リスクを最小限にすることでギャンブルの要素を低減させればクオリティーの高い作戦になります。

「一か八か」ではなく確信を持った作戦にできれば攻撃の幅が大きく広がります。

走塁はスタートの良し悪しが肝心です。

そもそもは足の遅い選手でも生還できるように発案されています。ランナーが誰でも、前進守備であっても必ず生還できるようになれば非常に大きな武器となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました