自分に合ったバットの持ち方を探そう~長く持つことによる効果~

バッティング

野球ではバットの持ち方に工夫を凝らします。風習のように「パワーがないから短く持つ」「体が小さいから短く持つ」「パワーがあるから長く持つ」「体が大きいから長く持つ」というように定義する指導者はたくさんいます。しかし「長く持つ」ことと「短く持つ」ことのメリット、デメリットというものを本当に理解している人はどれぐらいいるでしょうか。ただ単に上記4つに当てはめているだけではいけません。

バットを長く持つ

右打者なら左手、左打者なら右手がグリップエンドに沿うように持った形。またはグリップエンドに指を掛けた形。上記のように体が大きい、パワーがあるからというのは全て間違っているわけではありません。長く持てば持つほど芯から手までの距離が遠くなりバットは重くなりますからね。その分遠心力が働きボールを飛ばしやすくなります。おそらく体格で判断している人は、このメリットとデメリットだけで判断しているのだと思います。ですが実際のメリットはこれだけではありません。

グリップエンドの役割

グリップエンドがどういう役割を果たしているかご存知でしょうか。スイング時にバットが抜けないようにするためだけではありません。グリップエンドはバットを操作するためにあります。

てこの原理で説明するとグリップエンドは支点にあたります。手が支点に近いほど操作が簡単なのは実際に意識して振ってみると分かると思います。

長く持つべき選手

パワーがなくともバットの扱いに長けた選手は長く持つべきだと思います。パワーがあってもバットの出し方を知らなかったり、大振りが目立つ選手は長く持っても意味がありません。

長く持つことで生まれる感覚

・重量感が増すことでリラックスの程を理解できる

・ヘッドの走りを感じやすくなる

この2つはバッティングにおいて非常に重要な感覚です。短く持つタイプの選手でも感覚を養うために長く持って練習することをおすすめします。

まとめ

長く持つ=飛距離を出す。ということではありません。もちろん飛距離を目的としている選手もいると思いますが「操作性」があるということを知っていただきたいです。

試合の打席で追い込まれると「短く持て」と指示が飛ぶことがありますよね。実際にバットの操作性を目的として長く持っている選手に短く持たせてもミートが上がることはありません。むしろ振りづらくなるだけで逆効果です。そういった部分も加味した上で指導に当たりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました