野球上達講座~ピッチングのコントロールを良くするためには? ~初級編~

ピッチング
ピッチャーで一番といっても過言ではないスキルが「コントロール」。
ストライクが入らない。フォアボールが多い。狙ったところに投げれないなど、
コントロールに悩んでいる子供は多いんじゃないかと思います。
今回はストライクゾーンに投げれるようになる一番初歩のお話をします。
ピッチャーをやっていれば誰でもストライクゾーンには投げれるようになります。

コントロールが良くなるためのポイント!

  1. タイミング
  2. バランス
  3. テイクバックのトップの位置の固定

1. タイミングについて

ピッチングは横向きから正面に向く動作(簡単に言えば、回転動作やひねり動作をして)をして投げます。

上半身・下半身の回転動作とボールを離す瞬間(リリースポイントと言う)のタイミングが一致することがとても大切である。

言葉で表すのは難しいが、
例えば、上半身・下半身は回転しているのにまだリリースポイントまで来ておらず、手が後ろにあるとすっぽ抜けてしまう。(右ピッチャーでいうと、大きく右に投げてしまう。)

逆にまだ上半身・下半身が回転していないのに投げてしまうとボールを引っかけてしまう。(右ピッチャーでいうと、左に大きく投げてしまう。)

ボールに力が伝わらず、コントロールもまとまりません。

どうすればよいか?

上半身が正面を向く瞬間(もしくは向いてすぐ)のタイミングでボールを離すこと!(リリースすること!)

このタイミングを覚えることが大切になります。

2. バランスについて

ピッチング動作(バランス)の良し悪しを比較した画像。
左は良いフォーム:上半身、下半身のバランスが良くブレていない
右は悪いフォーム:上半身、下半身共に左に流れている

ピッチング動作で体がブレないことは非常に大切なことである。ゆらゆら上下左右に体がブレてしまうとリリースポイントが安定しません。

よく左の壁(右ピッチャーの場合)を作ることが重要と言いますが、とても大切なことです。

上記のタイミングの話で言いましたが、ボールを離すタイミングの時に体が左に流れてはいけません。

どうすればよいか?

自分の体に1本太い棒が入っているとイメージし、横回転ではなく、たて回転とキャッチャーに真っすぐ向かっていくイメージを持つこと。

3. テイクバックのトップの位置の固定について

テイクバックのトップの位置の画像。

トップの位置からリリースポイントまでもっていく腕の振り方が重要である。

トップの位置が安定していないとリリースポイントも安定しません。

基本はどの投げ方(オーバースローやアンダースローなど)でも頭の後ろにボールを持ってくることが良いトップの位置です。

トップの位置を安定させるためには?

まずはテイクバックはせずに初めからトップの位置にボールを持っていき投げる練習をすること

野手投げと同じ投げ方になります。

これが安定してくるとスムーズにリリースポイントまで腕を振ることができます。

まとめ

今回はストライクゾーンにしっかりと投げれるようになるポイントを解説しました。

僕が実際にやってきた方法で基本となります。

このポイントをしっかりと理解し、できるようになればフォアボールなど恐れることはありません。

いつでもストライクが取れるっという気持ちがピッチングに余裕が出てきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました