試合中の時間を有効に使えば上達へと繋がる~情報共有=チームワーク~

上達の心得
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

野球にはその他の球技とは違って攻守交替の際に長時間プレイが中断される時間があります。

その時間をどう使っていますか?ただ円陣を組んでいるだけになっていないですか?

他にもプレイが止まる時間はたくさんあります。

今回は試合中の時間をどのように使えば良いかを解説していきます。

有効に使うべき時間

①攻守交替時

②自分の打席以外の攻撃時

③ピッチャーがモーションに入るまでの守備時

④タイム中

①攻守交替時によく円陣を組み「点とるぞ!」「狙い球を絞ろう」等のありきたりな掛け声で解散する場面を見受けます。

「点を取る」「狙い球を絞る」これらは当たり前のことです。重要なのは、どうやって点を取るか、狙い球を何に絞るか、そういった部分の意思の共有です。

例えばカーブを多投するピッチャーに対して、狙い球を絞るという意識だけでは、カーブ以外の球種に絞る選手が必ず出てきます。カーブを狙い打ちすることによって突破口を開きたい時にはチームワークを乱してしまうことになります。

とは言うものの相手ピッチャーの特徴を掴まない限りこのような作戦は立てられません。

どうやって相手ピッチャーの特徴を掴むか?それが②へと繋がります。

②野球の攻撃は自分以外の8人が打席を終えないと自分には回ってきません。(9番以外の1打席目を除く)その間にどれだけ相手ピッチャーを分析できるかが重要です。

初球の入りはストレートか変化球か、ストライクが多いか、ボールが多いか、変化球はどの辺りにまとまっているか、ストレートは上ずっていないか、ランナーが出た時のモーション、セットポジションの球持ちの長さ、バッターによって配球が違うのか、、、etc

これらを一人で全て把握するのは難しいです。だからこそ全員が注目する必要があるのです。

役割分担をするのもいいと思います。これによって得た情報を全員で共有し、どうやって打ち崩すか、どうやって点を取るかを考えなければなりません。当然監督の指示は絶対ですが、選手同士の意思の疎通ができているかどうかで結果は大きく変わります。

さらに相手の守備位置の把握も忘れてはいけません。ランナーに出た時だけでなくベンチにいる間も必ず守備位置の確認をしましょう。

③守備時は常に確認と再確認

よくキャッチャーが「〇アウトー!」「バッター〇番!」と言った後に野手が同じことを繰り返し復唱しますよね?これが確認と再確認です。

アウトカウント、打順以外にも大切なことがたくさんあります。

一言で言えば「予測からくる事前の確認」です。

例えば、ポテン性の当たりを内野手はどこまで追ってどこからは外野に任せるのか、左中間右中間は誰が優先して捕りにいく(勝負をかける)のか、グランドが荒れていればイレギュラーしないよう足でならす指示を与えたり、様々な確認と再確認をしなければなりません。

これらは誰が発信してもいいことです。発信を受信した選手は必ず再確認の復唱をしましょう。

④タイムがかかるということは、何かが起きているということです。

守備時は状況の整理、攻撃時は相手の守備位置や仕草に十分注意を払いましょう。

まとめ

野球はワンプレイずつ動きが止まります。その間にどれだけ情報収集ができるかが負けない要因へとつながります。どんな些細なことでもいいです。まずはそういった意識を持つことが大切です。

情報収集力=センス

※「センスとは」を参考

情報収集には広い視野が必要となります。それを養うためにも動きが止まっている間の時間を有効活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました