野球は判断の連続〜即断即決〜

上達の心得

野球では判断の早さでプレイの良し悪しやアウトセーフが大きく変わります。

一瞬の迷いや出し遅れで試合を決定づけることも少なくはないです。

グランド内でのプレイは常にコンマ何秒の争いが繰り広げられており、良くも悪くもその短い時間を生み出す要因は一瞬の判断力です。

今回は「判断力」について説明していきます。

各分野の判断

●バッテリー

野球は選択の連続でプレイが進みます。試合はピッチャーが投げることから始まりますが、どんな球種をどのコースに投げるか?ここから既に択が始まっています。

球種とコースの選択ではそれほど時間は掛かりませんし、ピッチャーが投げるまでは試合が動きませんので、それほど時間を気にすることはありません。

しかし、味方の守備のリズムや相手バッターに考える時間を与えないという意味では可能な限り早くサインを決定したいですよね。

走者がいる場合の守備では、どこに送球するか?打球の質や速度、ランナーの進み具合や足の早さによっても送球先は変わります。

●野手

バッテリーのサイン(球種)は内野手によって外野手へと伝達されます。

コースは全員が目視で確認できますので、確認でき次第即時にポジショニングの対応をしなくてはいけません。ですが、投げる球が分かったからといってセオリーに応じたポジショニングを敷いていてはいけません。(例:右バッターのインコースに変化球=右に寄る等)

野球には様々なタイプのバッターや様々な場面があります。タイプと括ったバッターにもそれぞれのスイング軌道があり、ピッチャーに置き換えると、同じ球種でも多様な変化があります。

これらを考慮した上での判断が求められます。

また、打球速度や回転量でバウンドにも違いが出ます。走者がいる場合は優先度、最低限のプレイ、走者の動きを把握した中で判断していかなければなりません。

●打者

相手ピッチャーの特徴、守備陣形等を考慮しなくてはいけません。これらを捉え判断材料にすることができれば球種が絞りやすくなります。

また、バントや盗塁エンドランといったサインプレイでは特に判断力が求められます。エンドランだからといってワンバウンドの球を打ちに行ったり、走者が完璧なスタートを切ったのに打ってしまったり。このようなプレイは度々見受けられますよね。バントのサインだからと、バントシフトを敷かれた状態でバントすると成功の確率はどうでしょうか?判断力が欠けると平然と味方を苦しめるプレイをしてしまいます。

●走者

相手バッテリーの特徴、守備陣形、各ポジションの能力、グランドコンディション、打者の能力、イニング、点差、自分の脚力等。個人的意見ですが判断力が最も求められるのが走塁だと思います。

全ての走塁をランナーコーチャーに任せたチーム、選手がいますがこれはハッキリ言って自分の判断力の無さを他人のせいにしているだけです。

※走塁の判断力については、後の「体内時計」と題した記事にて詳細を説明しようと思います。基本的には目視での自己確認です。その上で判断することが大切です。

判断材料を揃える

リーグ戦でもない限り、ほとんどの対戦相手が初見だと思います。ですが「初めて見るから分からない」は言い訳にはなりません。

ゲーム前ノックで各ポジションの能力を把握しなくてはいけませんし、試合が進行する中で相手の動きの傾向を見抜かなければなりません。その為には一人一人が試合の中でそれぞれのポイントに注目していなければなりません。

相手のスイング、スローイング、配球、臨機応変な動きができるかどうか等、各々が持っている癖のようなものが必ず見つかります。

そういった些細なことでも共有し判断材料と替えていくことが瞬時の好判断に繋がります。

準備が大切

準備の出来不出来が判断のスピード、良し悪しに大きく関わってきます。

こういう打球がきたらどうやって捕って、どこに投げる。

こんな球がきたらこうやって打つ。

あそこに打球が飛べばどこまで走る。

未来のプレイと言えば大それていますが、次にどんなことが起こりえるのかを想像しましょう。

細かく数えれば何百何千何万通りになると思いますが、その中からより可能性の高いものをピックアップし、それに対応する動きまでを考えておく必要があります。

目に見える準備だけではなく、頭の準備が非常に重要です。

訓練方法「即答」

まずは質問に対して即答することから始めると良いと思います。

「昨日の晩ごはん何食べた?」これを毎日質問するとどうなるでしょう?答える側は聞かれると分かっているので答える準備をします。これが準備の大切さに繋がります。

迫られた選択に対して「えー、、、っと」と考えている間にも試合は進みます。

まずは間違ってもいいので、とにかく即答です。そして後から答え合わせをしてください。

即答が目的になってしまうと、とりあえずの思いつきだけになってしまいます。

正しい答えを瞬時に導く。その為には準備が必要。目的を「準備」に置いて取り組んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました