低めに投げる重要性!投げるためには何が必要なのか。~投手の課題~

ピッチング

よく指導者や守っている野手、その他周りからピッチャーに対して「低めに投げろ!」と言われることが多々あります。

「低め・低め」と言われても投げられず困っているピッチャーは多いのではないでしょうか?

これは気持ちや意識だけでは投げることができません。

私も低めに投げれることは大切だと思っています。

では、なぜ低めに投げないといけないのか?

勘違いしてはいけないのが、低めだけを投げていては打たれます。

ポイントは低めに投げることができるスキルがあるかです。

低めに投げる目的

・打者の目線が遠い位置にあるので打ちづらい

・長打を打たれにくい→打者のスイング軌道が真ん中から高めに比べ離れるので、打者の力(パワー)が落ちるまたは出しにくいため。

・ヒットが出にくい→打者が低めを打つためには高い技術を要するため

・ゴロを打たせることができる→スイングの軌道上どうしても上からくるのでボールの上っ面にあたる可能性が高いため。

ピッチャーは低めに投げると打たれにくく、バッターは低めに投げられると打ちづらいということです。

※これは全体的な理論であり、低めが好きなバッター(ローボールヒッター)には打たれる可能性は高まります。しかし、ローボールヒッターでも低めを使うことは大切です。

※あくまで低めに投げる技術が目的であり、低めだけでは抑えることはできません。配球が大切になります。→配球のバリエーションが格段に増え、抑える確率が高まります。

配球に関しては別記事で詳しく書きます。

低めに対しての誤解!よく聞かれる声!

先述しましたが低めに意図して投げるには技術が必要です。

「低めに投げない=意識が低い」と誤解している人が多いのではないでしょうか?

”たまたま投げることができた!”では計算できません。いつでも投げることができるのが大切です。

ピッチャーをやったことがない人は簡単に低めに投げられると思っているということが掛け声から見受けられます。

しかし、その声には投げたいけど投げられないという投手の気持ちがわかっていません。つまり思いやりの気持ちがありません。

同じチームの選手なら普段投げられているのか見ているはずです。投げている投手に対しては「低めに投げていこう」「低めも使おう」と声をかけることは大切です。ピッチャーは気づいていないかもしれません。そういった場合に初めて低めに投げる意識を持たせることが大切です。

しかし、普段見ていて投げれていなかったらそもそも低めに投げる技術がないということです。

例えばバッターに対して「右方向に打て!」と言われても技術がなければ打てませんよね。

それを意識だけで狙っても良い結果が出る確率は低いはずです。他にも「犠牲フライ」を狙えとか「ゴロを打て」と言われても技術がなければ打てません。

野球は確率や可能性が低いことを試合中求めることは中々ありません。

また、野手の人は「低めに投げるだけやん」という人も多々います。実際少年野球時代から私も良く言われてたし、他の投手も言われていました。

低めに投げる価値!低めに対しての概念

たしかに野手でも低めに投げるだけならできると思います。

しかし、低めに投げることが目的ではありません。

先ほど目的をお話をしましたが、打たれないこと、抑えること、点を取られないために低めを使うことが大切ということです。→配球のバリエーションが増えるということ。

つまり、低めに投げることができても打たれたら意味がありません。

名将、野村克也氏が言っていました。(※一言一句あってはいません。内容を書きます)

「配球とはコントロールが絶対条件。大切なのは低めへのコントロール。低めのコントロールとはボールのキレである。」

私はこの内容をずっと大切にしています。

つまり、低めにコトントロールしようと思えばボールのキレが必要だということです。→高い技術が必要だということ。これを皆さん認識しないといけません。

低めにコントロールできるピッチャーは、

・ボールにキレがある

・投げ続けることができる

低めに投げれるようになるためには

先ほど言いましたが、低めのコントロールは高い技術が必要です。

高校生以上になると必ず身に付けるべきスキルになります。

低めに投げる原理~小学生・中学生対象~

投げたボールはどのピッチャーでも必ず重力により下に落ちていきます。

そしてピッチャーはストレートでいうと真ん中~高めが一番威力のあるボールを投げることができます。低めに行くほどボールは更に沈みやすくなります。

しかし良いピッチャーは低めの球の失速が少なくなります。

低めに投げるポイント

①投げる歩幅を広げ過ぎない

②リリースポイントが前であればあるほど低めにキレの良い球が投げられる→球持ちが良いこと

①について

体の柔軟性や筋力により個人差はありますが、歩幅は5歩半~6歩半までがベストだと思います。歩幅が広ければ良いということではありません。なぜかというと、一度やってみてほしいのですが、足を広げれば広げるほど体の自由は奪われます。つまり自分の体をコントロールしにくくなります。(動かしにくくなります。)

なので、先ほど言った歩幅内で自分に合ったポジションを見つけましょう。

②について

①の影響によりリリースポイントを前で離しやすくなります。歩幅が増えれば更に前で離さないといけないので困難です。先ほど言った自分にベストな歩幅であればリリースポイントが操作しやすくなり前で離すことができます。

そしてもう一つが上半身・頭が前に倒れないことです。これもやってみたらわかるのですが、前に倒れるとリリースポイントは自然と上になってしまいます。

前で投げよう、低めに投げようと意識すれば歩幅が広がり、上体も前に倒れてしまいます。それでは低めに投げれないので、我慢して下さい。

頭と上半身が前に倒れこみ過ぎないように意識して改善してください。

この2つのポイントを意識して練習してみて下さい。

低めに投げる原理~高校生以上対象~

高校生以上になると更に高い技術が必要となります。先述した投げるポイントは必ず身に付けてください。

その上で更に磨こく為に必要なのが

①筋力

②柔軟性

③並進運動と縦の動きを身に付ける

①について

全体的な筋力向上は必要不可欠ですが、特に内転筋と大殿筋の強化が必要です。

まずこの2つの筋力がなければ、後述する「並進運動と縦の動き」が弱くなります。

②について

柔軟性についても後述の「並進運動と縦の動き」に関わってきます。

また、肩甲骨の可動域(柔軟性)と強さ(筋力)が大切になります。

腕の振りは肩や肘で始まっているのではなく、肩甲骨(広背筋)から始動します。なので肩甲骨の可動域と強さがあればより前に腕を振ることができます。

③について

ピッチャーでいう並進運動とは「重心を起点に上下左右体のブレなく平行に進む運動動作」と私は定義しています。

回転動作と動きが違ってきます。→並進運動と回転動作の組み合わせが必要です。=横の動作

縦の動きとは「上下の動きのことです。イメージとしては、柔道の背負い投げやボールを地面に叩きつけるような動作です。」=縦の動作

この縦の動作と横の動作の組み合わせによりキレの良いボールを投げることができます。

ピッチャーは必ず体重移動(並進運動)の際、軸足と前足の割り、つまり軸足はなるべく残った状態、前足はキャッチャー方向へ踏み出す動作が必要となります。

その時に内転筋と大殿筋が弱ければ、軸足は力を溜めておけないし、前足は勢いよく踏み出せません。前足の踏み出すスピードが大切になってきます。

そしてボールを離す(リリース)時の最後の力が左足の踏ん張り(力を逃がさない)となります。必要な筋力が左の内転筋となります。

この左足の踏ん張りという締めが弱ければ今まで作り上げてきた投球モーションが一気に台無しになります。

さいごに

今回は文字だけの解説なのでどういった投球フォームで投げるかは伝えられませんが、まずは低めに対する認識を深め、どういった原理で投げられるのかを知り、自分に足りないところを考えてみましょう。

もし悩んでいる人がいましたら、コメントやお問い合わせフォームにて受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました