少年野球~上を目指すチーム、選手の育成~

上達の心得
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

少年野球に求める要素は人によって異なります。

野球を楽しむ、礼儀礼節、協調性を身に付ける、プロ野球選手になるため等。

多様な目的がある中で、今回は「勝つ」及び「選手の育成」に重点を置いた少年野球での育成方法を私の視点から説明します。

尚、当記事は完全に私の主観であり、全ての読者の方に伝えたい、、、という記事ではありません。

タイトルに沿った内容を展開しますので、申し訳ありませんがタイトルに賛同していただける方のみ閲覧していただきたいです。

上を目指す少年野球

「上を目指す」とはなにか??

①「勝つ」ことに重点を置いたチーム作り。

②「中学生以上を見据えた野球の習得」

この2点を踏まえ説明していきます。

勝てるチーム作り

少年野球において、勝つためには何を強化べきだと思いますか?何に特化したチームが強いと思いますか?

それは「走塁」です。

バッテリー間、内外野の連携、適切なポジショニング、少年野球は守備面で不完全な部分が非常に多いです。なぜなら少年野球ではそういった細かい部分の指導が少ない、もしくは指導できる指導者が少ないからです。監督は野球好きのおじさん、選手のお父さんといった傾向にあります。

小学生は教わったことしか実行できません。つまり指導内容が小学生にはそのまま反映されます。

野球を理解していない人から教わった動きをするチームが果たして強いでしょうか?

つまり「上を目指したチーム作り」とは、そういった不完全な部分の隙をつく野球をチームに浸透させることにあります。

そして、そのような野球の礎となるのが上記の通り「走塁」です。

走塁は、バッティングや守備のようにボールを扱いません。ですので「打てない」「守れない」はあっても「走れない」というのは有りえないのです。

走塁の強化

走塁の上手い下手は足の速さとは関係がありません。ということは誰でも走塁が上手くなるということです。

リードのとり方、一歩目のスタート、状況判断、ベースランニング、全てが誰でも体得できる技術です。

しかし実際にはほとんどのチームがこういった走塁を重んじず、バッティングや守備に時間を費やします。

だからこそ高度な走塁に対応が出来なくなります。これは少年野球に限らず中学以降プロまで共通しています。

では具体的にどういった走塁技術があるか?

説明したいところですが申し訳ありません。これに関しては文字だけでは伝えることが出来ませんので、後日動画をアップしようと思います。

野球脳の強化

野球は「頭のスポーツ」とも呼ばれます。

なぜそう呼ばれるか??采配からプレイまで先を予測し臨機応変に対応する力が求められるからです。

では子どもたちの野球脳をどうやって強化するか。「私が監督をするなら絶対にこうする」案を挙げます。

①攻撃中の応援(歌)を禁止。

②グランド内の会話は大きい声で。

③掛け声の規制。「ピッチ楽に」「さあこい」等の定型文と化しているもの。

④攻撃中は選手と話しながら采配。

①→少年野球では定着している攻撃中の歌。この歌に何か意味があるでしょうか?

子どもたちは歌うことに必死です。そもそも小学生以降の学生野球ではベンチ内で歌うなんてことはしません。なぜか??答は簡単です。必要ないからです。

まずはグランド内を観察する習慣をつけましょう。

②→掛け声というのは、お互いを注意しあうための言葉です。つまり「会話」です。

「サードいくぞ!」「準備しておけよ!」このような会話を大きい声でするだけです。

そして会話というのは相手がいないと成立しません。相手に呼びかけることで会話が伝播しグランド内の複数の注意事項がどんどん湧いてきます。そうすることで注意事項に対する「準備」ができるようになります。

③→小学生は「声を出せ」と言われれば、ありきたりで定型文のような言葉を繰り返し発します。

それはなぜか??それ以外に何を言えばいいかが分からないからです。

この問題を解消するために定型文のような掛け声を禁止します。

どんな掛け声が望ましいかは上記②の説明の通りです。

④→場面に沿った采配を理解してもらうことが大切です。もちろんこの場合、監督の手腕は必要不可欠です。よく少年野球で見かけるのが「初球は待て」「とりあえずのエバース」

こんな悠長なことをして気付けば追い込まれているという状況にしてしまうものは采配ではありません。

効率良く点を取るにはどうすればいいか、流れを作るためには何をすればいいか、そのようなことを口で説明しながらの采配は非常に有効だと思います。

まとめ

好走塁の秘訣は、いかにグランド状況、相手の心理を読み取るかです。

つまりグランド内からたくさんの情報を収集しなくてはなりません。それが「野球脳の強化」にも繋がります。ほとんどの小学生及び少年野球の指導者はそういったことに目を向けることが出来ていません。

そして今回説明させていただいたことは、上のレベルを目指す小学生には大事なことです。

非常に悪い言い方ですが、世の中には「野球は上手いが野球を知らない」大人がたくさんいます。

自分の考えがなく、言われた通りのことしか実行しない。固定観念に縛られたそんな選手を育てないためにも「走塁及び野球脳の強化」に是非着目していただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました