ピッチャー、キャッチャーがけん制球を投げる目的

ピッチング

小学生、中学生野球では牽制球が多く見られます。

けん制とは何も投げるだけではありません。牽制球の目的をしっかりと理解することで、より意味があるけん制ができるようになります。

今回はけん制の目的と考え方を紹介したいと思います。

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

けん制球とは

ピッチャーまたはキャッチャーが塁上にいるランナーに対してその塁を守っている味方プレーヤーにボールを投げる行為です。

けん制とけん制球の違いとは

けん制球とは上記で述べたようにボールを投げる行為です。

けん制はボールを投げずにランナーを制することです。

けん制する目的

  1. ランナーの進塁を妨げる
  2. ランナーをアウトにする
  3. 試合の「間」を取る

1.ランナーの進塁を妨げる

私は「ランナーの進塁を妨げる」ことがけん制の一番大きな目的と捉えています。

当然ですが、野球は次の塁に進むことで最終的にホームインし得点となります。

つまりランナーは絶対に次の塁に進みたい、進まなければなりません。

ということはランナーは常に次の塁を狙っていることになります。

それを妨げるのが「けん制」です。

その要因として

・少しでもスタートを遅らせる
→野球は間一髪アウト・セーフのプレーが多々あり、そのプレーで勝敗が分かれることがあります。その中で重要なのがスタートの良し悪しです。スタートを遅らせることが「進塁を妨げる」こととなります。

・けん制することで相手ランナーに少しでも考えさせる
 →盗塁を狙う意識の低下、パスボール・ワイルドピッチ時に進塁する判断の困惑が期待できます。

つまり相手は余分に考えさせられるのです。野球は判断材料が多ければ多いほど迷い、失敗の可能性が増えます。

少しでも相手の進塁を妨げることができれば、けん制は大きな意味を持ちます。

2.ランナーをアウトにする

けん制はアウトをひとつ増やすことができるプレーでもあります。

・けん制球を投げアウトにする

・スタートを遅らせ盗塁死につなげる。

※牽制球を投げ直接アウトを取ることに関しては技術と、タイミング、読みが必要になります。
アウトが取れればとても大きなプレーとなり、自チームに流れを呼び込み、相手には精神的なダメージを与えます。

3.試合の「間」をとるため

野球の試合には「流れ」というものが存在します。相手チームに流れが向いているときは、良い結果が生まれにくくなります。つまり「相手のペース」にはまっている。

そういうときの一つの解決方法が「間」になります。その「間」を取る一つの選択肢として「けん制」があります。相手の打ち気を逸らしたり、タイミングをずらす事に役立ちます。

例えば、セットポジションの球持ち時間が毎回同じであれば相手バッターやランナーはタイミングが取りやすくなります。そういう時は良いボールがなかなか投げられなかったり、投げれたとしても「流れ」によって打たれる可能性が増えるものです。

ピッチャーのあるあるですが、同じペースや時間で投げていることに気付いていないケースがあります。良いピッチャーはどんなにピンチの場面だろうが、苦しい場面だろうが、「間」を取ることができます。

そこを意識するだけでも視野が広がり、良い結果につながる可能性が高くなります。

けん制球のリスク

・投げることによって暴投の可能性が出る

・多投することで相手にスタートのタイミングを測られる。

・多投からくる守備のリズムの乱れ。

・ランナーへの意識が強くなり打者への集中力低下。

けん制に対する考え方

けん制の目的や意味について先述しましたが、けん制する事ばかりがに気を取られてはいけません。

一番重要なことは相手バッターとの勝負です。

この考えを持っておかないと、打者に集中できず打たれたり、フォアボールのリスクが大きく増えます。

最終的にホームを踏ませなければ点が入ることはありません。「けん制をしなくても抑えれば良い」というくらい強い気持ちを持って打者と対戦することが大切です。

場面によっては、打者9.5:走者0.5、意識するときでも打者8:走者2くらいがベストです。

この比率を念頭に置いておいてください。

たとえランナーの足が速くとも、けん制のことだけを考えてはいけません。少年野球や中学野球を見ていると、やみくもに牽制球を投じている様子がうかがえます。

一度見直してみましょう!

さいごに

けん制は試合に負けないための手段の一つです。けん制が上手い下手では結果に大きく影響します。

高度なけん制は大きな武器となります。必ず身に付けましょう。

※けん制球が上手くなる方法については別記事に記載したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました