ピッチングの組み立て方~まずはリードと配球の違いについて知ろう!~

ピッチング

野球用語の中に「配球」と「リード」という言葉があります。

「キャッチャーのリードが良い」「配球を考える」などバッテリー間でピッチングを組み立てていく際に使われる言葉です。

相手打者を抑えるためや点を与えないため、試合を作っていく中でピッチングの組み立ては重要になってきます。

今回は「ピッチングの組み立ての必要性と重要性」そして「配球とリードの違い」についてお話したいと思います。

※プロ野球とアマチュア野球(特に小学生~大学生)では少し異なってきます。今回はアマチュア野球の視点で書いていきます。

ピッチングの組み立ての必要性と重要性

ピッチングの組み立てとは、バッテリー(投手と捕手)間で主に配球・リード・データを駆使し、点を与えないために「考え、実行」することです。

当たり前のことを言いますが、野球は1点でも相手より多く点を取ることができれば勝ちです。

つまり点を与えなければ負けないということです。

最少失点で抑えるためにピッチングの組み立てが必要になります。

ピッチャーでいうと、コントロールや球速・球種など、キャッチャーで言うとスローイングやキャッチングなどはスキルであり、点を与えないための一つの要素であります。

ピッチャーはただ投げるだけ、キャッチャーはただ受けるだけではいくらスキルがあっても抑えることはできません。

なぜかというと、野球は確率のスポーツだからです。

絶対に点を与えない、絶対に点が取れるといった方法はありません。

一番確率の高い采配(作戦やピッチングの組み立てなど)を選択し実行していくことになります。

例1)バッター側からするとストレートが来るとわかっていれば打てる確率が上がりますよね。

ストレート・変化球どちらが来るかわからない状態にできれば打者は打てる確率が下がります。また、相手がストレートを待っている確率が高いとわかれば変化球を投げれば打たれる確率が下がるということです。

例2)一死三塁、1点を争うゲーム展開の場合、攻撃側はどういった采配が考えられるのか?バッテリーがスクイズが来るとわかればウエスト(外に大きく外すボール)すれば防ぐことができます。

こういったことを試合中考え続け、選択していくこで最少失点に繋げることができます。

ピッチングの組み立て方も一つのスキルであり、磨いていくことが重要となります。

絶対に成功するという答えはないことを覚えておきましょう。

配球とは

配球=セオリー、基本的な型、基本的な答えを前提として考えている戦略。

・投手の能力(球速、球種、制球力、クイック、投球フォーム)

・バッティングフォーム

・打席の立ち位置

・カウント別(アウトカウント、ストライク・ボール別)

・右投手、左投手別

・右打者、左打者別

・打者の得意、不得意なボール(データがある場合)

・その他打球傾向や打者の調子、相手の采配の傾向などは膨大なデータを必要としますので今回は除外して考えます。(プロ野球では専属のデータ班がいて、データの機材も優れており、アマチュア野球との違いである。)

上記挙げた内容に一通りの打者の抑え方を定義したものが配球の考え方になります。=抑え方のセオリーとしての考えとなります。

例)

・狭いスタンスで構えるバッターに対して→外角の変化球が苦手、内角が得意。

・ベースから離れて立つバッターに対して→内角の直球・外角一杯のボールが苦手、真ん中付近が得意

・ゲッツーを取りたい場面→インコースの速い球、低めの落ちるボール など

上記の例はあくまで配球論の考え方であり、必ずその結果が生まれるものではないということです。

また、実際は得意不得意などその打者によって違うということです。

アマチュア野球では相手のデータ量が限りなく少ないので配球を軸とした組み立てが大切になってきます。

リードとは

リード=実践的思考、結果論では語ることができない。

リードとは試合の中で行っていくものです。

打者、カウント、状況、点差などバッテリーを中心にその試合で実際に肌で感じている部分や嗅覚、感覚など+配球論を組み合わせた総合的な思考を持つことです。

特にピッチャーの調子や能力、精神状態が大きく影響してきます。

例)インコースの速い球が苦手な打者がいたとします。そして三振に抑えるという結果を求めたとします。

この時その日のピッチングでインコースに投げきれていなければ組み立てを変えないければいけません。

例)一球目外角ストレートのストライクを投げたとします。見送り方を見て変化球狙いだと予測できれば、速い球を中心に組み立てていけば抑えれる確率が上がります。

その他にも早いカウントから狙ってくる打者にはボール球で誘ったり、一球目から厳しいコースを攻めていくことが大切です。

このように実践的な戦略で組み立てていくことがリードとなります。

裏をかいた投球で抑えることができた、ストレートの調子が悪いので変化球を投じて打たれたなど、良いリード悪いリードはその時のケースバイケースでの判断になるため、結果論だけでは語ることはできないということです。

配球とリードの違い

リードと配球の違いをまとめると、

配球=セオリー、基本的な型、基本的な答えを前提として考えている戦略。

リード=実践的思考、結果論では語ることができない。

ピッチングの組み立て=リードになります。そして配球とはリードの中の一つの要素という位置付けになります。→リードの枠の中に配球があります。

なので、試合状況すべて含めて主にキャッチャーが総合的な判断でピッチャーをリードするということになります。

バッテリーは試合中頭もフル回転しながらプレーすることになるので大変なポジションになります。

考えが先行して投球がおざなりになることは本末転倒になるので、しっかりと投げぬくことが何より大切だということを肝に銘じておきましょう。

この負担を考慮してベンチからの指示を仰ぐことも大切になってきます。

バッテリーだけの責任にすることだけは良くないと私は思います。

さいごに

ピッチングの組み立てそしてリードと配球について知ることができれば大きく結果は変わってきます。野球は頭脳を必要とするスポーツです。

体を動かす練習だけでなく、勉強もしっかりとしましょう。

リードと配球を覚えていく上でまずは配球についてしっかりと理解することが大切です。

配球がわかっていないとリードはできません。

配球については別記事で詳しく解説したいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました