ランエンドヒット~戦術編~

戦略・戦術

名前は知っていても実際に試合で活用している人は少ないのではないでしょうか。

中にはヒットエンドランと同じだと思っている人もいると思います。

ランエンドヒットを理解し、上手く使いこなせれば大きな戦術となります。

それではランエンドヒットとはどういった作戦なのかを解説していきます。

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

ランエンドヒットを理解しよう

●ランエンドヒットとヒットエンドランの違い

ヒットエンドラン →→ ランナーがスタートしバッターは必ず打つ

ランエンドヒット →→ ランナーがスタートしバッターは打てる球を打つ

つまりランエンドヒットとは盗塁のプラスαという考えです。

●ランエンドヒットのメリット

どんな球にも手を出さなければいけない(ワンバウンド等キャッチャーが捕球しずらい球以外)ヒットエンドランとは違い、確実に打つことができる球のみをヒッティングするだけなので打ち損じが少なくなります。

そして球種やコースを絞ることでより確実に打ち返すことができるようになります。上記した通りランエンドヒットとは盗塁のプラスαです。ランナーの足やスタートの速さにもよりますが、低めの変化球なら見逃せば盗塁の成功率が上がりますし、浮いた変化球や真っ直ぐに絞っていればランエンドヒットの成功率が上がります。

●盗塁を主とした考え方

しつこいようですがランエンドヒットとは盗塁のプラスαです。

盗塁にヒッティングを加えたものです。

ということは盗塁の補助(保険)にも役立てることができます。

欲張った考え方かもしれませんが、私なら無死一塁から送りバントで一死二塁を作るより、無死二塁以上を狙います。盗塁が成功すれば無死二塁、ランエンドヒットが決まればそれ以上、スタートが遅れたなら補助で一死二塁。このように多様なアプローチを掛けることができます。

●注意点

ランエンドヒットが万能のように先述していますが、決してそんなことはありません。

あくまでもヒットエンドランよりは機能しやすいという考えです。

そしてヒットエンドランのように必ず打ち返すということではないので、ランナーのスタートの良し悪しは注視しなければなりません。ランナー二塁の場合はバッターからランナーを簡単に見ることができますが、一塁の場合左バッターは見ることができません。

なのでスタートが良かった場合のネクストやベンチからの「振るな!」の声は非常に重要です。

まとめ

簡単に説明していますが、実行するとなるとチーム全員の広い視野が必要です。

ですが練習すれば誰にでもできうることです。

難しく考えてはいけません。

盗塁から始まる簡単な4つのポイント

・盗塁・

良いスタート →→ 狙い球なら打つ。狙い球じゃなければ打たない。打つ必要がなければ打たない。

悪いスタート →→ 当てる。

場面によって作りたい状況が異なります。つまり成功の条件も変わるということです。

そのビジョンをチームで共有することができれば成功率を上げることができます。

私見ですがヒットエンドランよりも応用性が高いと思いますので采配を振るっている方は試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました