野球少年に伝えたい。野球が上達するために必要な心得~心を鍛えよう~

上達の心得
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

はじめに

よく、ネットや動画配信サービス、教則本、SNSなどで「飛距離を伸ばすためには~しよう」「~するだけでコントロールが良くなる」などの上手くなるために方法がたくさん出ています。

このブログでもそういった方法をたくさん書いていこうと思っています。

その前にやるべきことがあります!

野球がうまくなるためにはまず”心を鍛えること”!

野球ではいきなり上達することはほとんどありません。

努力することは必須です!!

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

どういった心が必要なのか

1.野球が好きであること

2.「上手くなる」という気持ちを持ち続けること

3.継続力

4・意識すること

1.野球が好きであること

試合に勝てた時、ヒットが打てた時、三振を取った時、遊んでいて楽しい時などの気持ちを喜びや楽しさを感じることが大切です。
まだまだと思う気持ちも大切ですが、素直に喜びましょう。

2.上手くなるという気持ちを持ち続けること

「向上心」のことです。自分の夢や目標があるからこそ努力できます。何も「プロ野球になる」などの大きな夢がなくても良いです。後から出てくる場合もありますし、何か一つでも持つことが大切です。
紙に書いて部屋に貼っておくのも良し。毎日声に出すのも良し。
その気持ちを忘れずにしましょう。

3.継続力

成長していくには反復練習が必要になります。三日坊主で終わってしまうと上手くなりません。努力量(量や質)でもちろん変わってくると思います。しかし継続力を養うためにはまずは小さいこと、少ないことから続けることです。
継続する力が身につけば、続けることが普通という感覚になります。

僕の一つのやり方として、
例えば、腕立て伏せが10回は楽にできるとします。それを2日に一回はすると決めます。
自分が辛くないと思う程度なので続けやすくなります。

はじめから一杯いっぱいのメニューをしようとすると続けるのが辛くなります。
なので、まずは「継続力」を身に付けましょう。

4. 意識すること

・今どういった練習をしているのか
・下半身の使い方を意識する、ステップ幅を意識するなど
・体のどこの部分を動かしているのか、どこを鍛えているのか

など、一つ一つの練習に対して意識しましょう。意識することで格段に上達するスピードが変わってきます。

まとめ

上記の4つのポイントは非常に大切なことです。まずはここから始めてみてください。
こんなことを言っていますが、僕自身も小学生の時は全くできていませんでした。
もっと早くに知っておくべきだと思いました。

野球少年に役立つ情報を僕自身の経験も踏まえて発信していきます。

少しでも役に立てれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました