イップスについて

タマペディア

イップスという言葉をご存知ですか??

野球以外のスポーツでも、そして誰しもが陥る可能性のあるイップスについて説明していきます。

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

イップスを理解しよう!

イップスとは、思った通りの動作ができなくなることを指します。

野球では投球時のイップスがほとんどです。

そして共通しているのが近距離での投球ができなくなるということです。

リリースするタイミングが分からなくなり、すっぽ抜けたり、地面に叩きつけてしまったりしてしまいます。

そして腕を振り抜けなくなり、投げ方自体がぎこちなくなってきます。

そのようなことからボールを投げることに抵抗感を抱き、更に投げることが怖くなってしまいます。

イップスに陥る原因

私もイップスを経験しました。その経験を元に説明させてもらうと、発端はキャッチボールでした。

小学生の頃から周りの子より球が速かった私は、近距離でのキャッチボールに抵抗がありました。

というのは、相手にケガをさせてしまうんじゃないか?という気持ちがあったからです。

そのような気持ちから近距離では極力遅い球を投げるよう心掛けていました。

ケガをさせてしまう恐怖感と本来のフォームではない形で投げていたことから、投げ方が分からなくなり気付けば塁間以内の距離を投げられなくなっていました。

周りにもイップスの選手はいました。

大事な場面で悪送球をしたトラウマ、周りからのプレッシャー等

ふとした拍子になってしまうことも多いようです。

改善方法

「これをすれば必ず治る」というものはありません。

というのもイップスというものは精神的な部分が多いからです。

私は完全に克服できたわけではありませんが、ほぼ問題なく投げられるようになるまで回復しましたので、その方法を紹介させてもらいます。

イップス持ちの選手に多く共通しているのが「遠距離なら投げられる」ということです。

まずは遠距離を全力で投げます。

そのまま少しずつ距離を縮めていきます。

ここで大事なのが距離を縮めても全力で投げることです。同じ腕の振りを目一杯意識してください。

同じフォームのまま全力で投げることがポイントです。

投げ方がぎこちなくなってしまい腕の使い方が分からないという方は、腕の動きを最小限にすることをお薦めします。腕を最初からトップの位置に持ってくることで余分な動きを省きます

詳細は別記事の「ピッチングのコントロールを良くするには」に記載しています。

先述の通り、これで必ず治るという保証はできませんが、少しでもお役に立てればと思います。

まとめ

イップスが深刻になると野球を辞めたくなります。

それほど「投げれない」というのは辛いことです。

そして周囲の反応も気になってしまいます。「またか」「もういいよ」このような態度はイップスに拍車をかけます。

もし、あなたの周りにイップスの選手がいれば「思いっきりこい!」「暴投OK!」等のポジティブな声を掛けてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました